はてなブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録Google Bookmarksに登録ライブドアクリップに登録buzzurlに登録del.icio.usに登録

東京マラソン完走!(前編)

東京マラソン完走しました(^^

東京マラソン完走しました(^^

東京マラソン2014完走しました。

(忙しくて、このレポートを書きかけ途中で止まっていたため、ブログの更新が止まっていました。今更ですが、レポートしたいと思います。)

みんなに言いふらしていたので、リタイアしたらどうしようと思いましたが、無事に完走できて良かったです。

タイムは初マラソンの4:49より遅い5:07でしたが、とても楽しく走る事ができました。



【やるだけの事はやった】

東京マラソンに当選(倍率は10.3倍)した時は、最長で5キロまでしか走った事が無いし、練習の仕方も分からない。そんな状態でした。

ここから情報収集し、トレーニング(週に平日は3日程度、朝に5キロ〜7キロラン、プラス週末に長めのラン。月間走行距離100キロ以上)をし、大会も3つ出ました。

 荒川リバーサイドマラソン(7.5キロ)
 足立フレンドリーマラソン(ハーフ)
 館山若潮マラソン(フル)

東京マラソン前夜にはできるだけの事はやったという思いがありました。


そして、とても楽しみにできました。
子どもの頃の遠足より、もっとです。

ここまで楽しみに出来たのは、東京マラソンの前に一度フルマラソンを走ったのが大きいです。
初めてフルマラソンを走るときは未知の世界。本当に完走できるのか不安でしたが、一度、走ったので自信がつきました。故障やよほどのアクシデントが無いかぎり完走できる自信がありました。


【目標はファンラン】

時間的な目標は4時間30分で走る事。
初マラソン(館山若潮マラソン)が、4時間49分でしたが、これは後半かなりアップダウンのあるコース。
それに比べて東京マラソンはほとんどアップダウンはないし、2回目のフルマラソンなので、4時間30分を目標にしました。そして歩かない事。

ただし、それよりも重点を置いたのは楽しむ事。
タイムを狙うのはどの大会でもできます。

なかなか走る事のできない東京マラソンを走る事ができるのですから、タイムより楽しもうと思いました。


【感想、主に反省点】

今、42.195キロを思い返しても、「楽しかった」という印象ばかりです。
足が痛くなりはしましたが、「苦しい」「やめたい」などという事は全く思いませんでした。

以下、振り返ってみます。

ここでトイレ。時間ロス。

ここでトイレ。時間ロス。

■トイレ
途中で1回、増上寺の手前、12キロ位の所でトイレに行きました。
どのトイレも並んでいて、空いていそうな所を選びましたが、10分以上、ロスしたと思います。

過去3回の大会では1度も途中でトイレに行きませんでした。
今回、行く事になったのはスタート前にトイレに行けなかったのが要因の一つ。

実は事前の情報収集で、スタート地点にはトイレがたくさんあるという事を知っていました。

これを

 トイレがたくさんある=あまり待たなくてもスタート前にトイレに行ける

と思ってしまったのが、大間違い。
実際には

 トイレがたくさんある、しかしそれ以上にランナーも多いので、トイレの大行列は必須

だったのです。新宿駅では多少並んでいましたが、そこで済ませておくか、もっと早く会場入りをして、トイレに並ぶ時間(30分以上)を作るべきでした。

コンビニで借りている人も多かったです。

セブン-イレブンはスポンサーなので、トイレを貸してくれているようでしたが、これは並んでいます。一見列が少ないようでもトイレはほとんど1つ。女性や大きいほうだと思ったより時間がかかると思います。

沿道から少し離れたセブンイレブンなどをチェックしておくと空いているかもしれません。
但しコースを外れるときは係員の人に声をかけておいた方が良いです(失格になるとか、コースに戻れない危険があります)。

トイレは並び始めたけど進まないので、諦めるというのが2回ありました。


GPSウォッチでの記録

GPSウォッチでの記録

■GPSウォッチ

GPSウォッチで実況中継をしようと思っていました。
実況中継というのは、自分が走っている位置を、応援に来てくれている友人や家族に教える事です。

ハーフマラソンに出た時に、応援に来てくれた家族と会えませんでした。
お互いの位置が分からないと、会えない事が多いようです。

東京マラソンでも、妻の周りの沿道の人たちが「○○さん、もう通り過ぎてしまったみたい」などという声が何度か聞かれたようです。

ゼッケンナンバーを入力すると、大体の位置を表示してくれるサービス(それまでの5キロ毎の通過地点から推測)がオフィシャルサイトにありますが、あくまでも予測なので、GPSウォッチを使おうと思いました。

以下が実際の走った記録ですが、これをほぼリアルタイム(1〜2分遅れ)で更新できる予定でした。
http://connect.garmin.com/page/activity/jsPlayer.faces?activityId=450137179&cid=5379219

ところが、スタート直前にこの機能を使おうとしたら、iPhoneのアプリが落ちて使えません。

何度やっても同じ。
焦るばかりです。

後で調べて分かりましたが、どうも、アプリのバージョンがあがって、バグがあったようです。
手動であれば、直前にバージョンアップとかしないのですが、「まとめてアップデート」の時にしてしまったようです。これが失敗。

諦めて、オフィシャルの予測サービスをアナウンスすることにしました。


■iPhone電池切れ?

前回フルマラソンを走ったとき、走り終わって40%位残っていたので、バッテリーは持つと思っていました。
あちこちで写真を撮りながら、facebookにアップしていましたが、これは前回のフルマラソンの時も同じ。

バッテリー残量を気にしながら使っていましたが、歌舞伎座の前あたり(35キロ地点)で急に電源が落ちました。

「あれ?まだ20%以上残っていると思ったけど」

困りました。

ゴール地点では友人や家族が応援に来てくれる事になっていました。
それがここでiPhoneを持っていないと会えないかもしれません。
折角応援に来てもらったのに会えないのは申し訳ないし、私も嫌です。

トイレに入った時点で、タイムは諦めていたので、コンビニにで充電器を買うことにしました。
築地あたりで、コンビニに入り、急いで商品を選択。
電池で充電するタイプ。iPhone対応。

急いで買って、走りながら開封、充電・・・
と思いきや、プラグが合わない・・・

iPhone対応って旧タイプの事でした(^^;
おいおい。

しかたなく、もう1軒コンビニに。
ここで変換プラグを購入。
そして充電開始。

無事に電源が入ったら、電池残量25%!
なんなんだ。まだあったのか。

ポケットに入れておいたから熱で落ちたのかもしれません。
少したってから、もう1度電源を入れて見れば良かった。



【タイムロス】

結局このように
・2回トイレに並びかけ、やめた。
・1回トイレで並ぶ。
・2回コンビニ。
・走りながら充電作業。

これらがタイムロスになりました。合計20分以上?

反面、この分、休憩にはなっていたので、これが無かったらこの分速かったかは分かりません。

そうは言っても悔やまれる事は確か。
時間は気にしないと言っても5時間超えるとは思っていませんでした。


東京マラソン完走(後編)に続く

コメント & トラックバック

No comments yet.

コメントする







株式会社アクセント
代表取締役 阿川道仁の
社長ブログです。

株式会社アクセント
Webサイト制作の会社です。
詳しくはこちらから。

カレンダー

2014年7月
« 2月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のコメント

ブログ内検索

このブログを携帯で見る