親子で遊べるスポット 記事一覧

親子で行っても楽しめる、或いは親子で行くから楽しめるスポットの案内です。


はてなブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録Google Bookmarksに登録ライブドアクリップに登録buzzurlに登録del.icio.usに登録

スカイツリーレポート(天望回廊へ)

雲が切れれば眺望が!

雲が切れれば眺望が!

チケットを買い、エレベーターを待ちます。

この日は天候が悪いので、少しゆっくり動かしているとの事でした。

エレベーターが到着して乗り込みます。

このエレベーターは天井がガラス張りになっているので、上の天望回廊が見えます。
ただし、ガラス張りになっているのは奥の方です。
エレベーターを待つときになるべく列の先頭になるようにもって行けるといいですね。


一方、エレベーターの手前も天井ではありませんが、ドア側がガラス張りになっているので、外が見えます。
凄いスピードで上がっていく=どんどん街並みが小さくなるのを見られるので、
手前もいいですね。




はてなブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録Google Bookmarksに登録ライブドアクリップに登録buzzurlに登録del.icio.usに登録

スカイツリーレポート(天望デッキへ)

東京スカイツリーのチケット(左が展望デッキ、右が展望回廊)

東京スカイツリーのチケット(左が展望デッキ、右が展望回廊)

東京ソラマチをブラブラしていたらあっという間に17:15です。(17:30のチケットを予約しています)
時間が経つのが早いです。
駆け足で、しかも半分も見ていないのに。
東京ソラマチを見る人は時間に余裕を持った方が良いです。

さて、17:20にチケットカウンターに行くとかなり並んでいます。

時間指定のチケットなのにこんなに並ぶんですね。

まぁ、エレベーターに乗れる人数は限りがあるので、こうして待たせる事により、エレベータに乗る人数をばらけさせる効果があるのかもしれません。

チケット交換の列の脇には壁際にモチーフが並んでいます。
スカイツリーのデザインの要素らしいです。“そり”や“むくみ”などです。

チケット交換所付近から見るスカイツリーの足元

チケット交換所付近から見るスカイツリーの足元


はてなブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録Google Bookmarksに登録ライブドアクリップに登録buzzurlに登録del.icio.usに登録

スカイツリーレポート(東京ソラマチへ)

秋葉原からのシャトルバス

秋葉原からのシャトルバス

チケットを取れたのは、2012/6/12(火)17:30の枠です。
平日なので、会社を午後休(早退?)しました。

この日はあいにくの雨模様です。

15:30に会社を出て、15:40に秋葉原の駅前から出るシャトルバスに乗りました。
家族とはここで合流。

このバスはガラガラでした。
私は取締役に教えてもらいましたが、まだあまり知られていないのかもしれません。



はてなブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録Google Bookmarksに登録ライブドアクリップに登録buzzurlに登録del.icio.usに登録

混んでいるのに、スカイツリーに行く理由

東京スカイツリーに行って来ました

東京スカイツリーに行って来ました

2012年6月12日、東京スカイツリーに行って来ました。

ご存知の通り、最初のうち(7月10日まで)は当日券の販売は無く、前売り券は抽選での販売でした。ものすごい倍率だったそうです。

私はこの抽選に当たった訳では無く、半ばあきらめていた先週、妻に「追加販売していて、買えるよ」と教わり、買ったのでした。

あれだけ騒がれていたのに、オフィシャルサイトに行ったら普通に買えました。

もっとも買えるのは、入場枠に余りがある時だけ、主に火曜〜木曜の朝、夕方、夜です。翌週のものも買えました。



はてなブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録Google Bookmarksに登録ライブドアクリップに登録buzzurlに登録del.icio.usに登録

水陸両用バスに乗ってきた! 東京ダックツアー

スクリューもタイヤもついてます

スクリューもタイヤもついてます

少し前に、嫁さんから

   「水陸両用バスだって。面白そう。抽選なんだけど、
    応募する?多分当たらないと思うけど」

と聞かれ、良くわからないけど、

   「うん、お願い」

と言ったきり、ほとんど忘れていました。

ところが3/31(土)に、妻が

   「当たった!!」

と。

   「おぉ。いつ?」

   「明日」

^^;

これは行くしかありません!

発着はお台場フジテレビ。

急遽お台場ツアーとなりました。


はてなブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録Google Bookmarksに登録ライブドアクリップに登録buzzurlに登録del.icio.usに登録

「イクメンのためのホームビデオ撮影&編集テクニック講座」に参加!

一人一人に機材と机が用意されています

一人一人に機材と机が用意されています

11月20日(日)LGエレクトロニクス・ジャパン 主催の「イクメンのためのホームビデオ撮影&編集テクニック講座」に参加してきました。

この日は妻が仕事で、私が子守の日でした。
普通なら家でじっとしているところですが、子ども同伴で参加出来るというこのイベントに申し込み、充実した1日になりました。

参加費は無料です!
(ブロガー向けイベントなので、このように最低1回は記事を書く必要があります。但し、宣伝しないといけないとか、悪い事書いてはいけない等という制約はありません。)



内容はこんな感じ。

11:00 プログラム1: 「失敗しないビデオ撮影術
      (レポートはこちら 子どものビデオの撮り方・コツ
11:35 プログラム2: LGエレクトロニクス新製品「D237IPS」の楽しみ方ご紹介(デモコンテンツなど)
12:00 休憩 および ランチタイム
12:30 プログラム 3: 簡単に覚えられる「プロのホームビデオ編集テクニック」
14:00 イベント終了


とっても良いイベントでした!

良かった事


はてなブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録Google Bookmarksに登録ライブドアクリップに登録buzzurlに登録del.icio.usに登録

イチゴ狩り

イチゴ狩り

イチゴ狩り

4月3日の日曜日に葉山にイチゴ狩りに行きました。

JAがやっている津久井浜観光農園というところです。

値段はこの時期は1100円でした。
(年末に1500円からスタートして、シーズンも終わりの今頃が一番安くなるようです)
3才以上は大人も子どもも同じ料金です。
3才未満は無料です。
費用はどこも同じようですが、子ども料金の設定があるところがあれば、そちらの方が得ですね。

「もうイチゴは見たくない」というまで食べましたが、元は取れたんでしょうか。
少なくとも4才の長女は元は取っていません。

でも、元を取ったとか取らないとか考えてはいけないのでしょうね。
下手に食べ放題なので元を取ったとか取らないとか考えてしまいますが、イチゴも食べられるアトラクションだと思うと納得出来ます。

味は結構美味しいです。




はてなブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録Google Bookmarksに登録ライブドアクリップに登録buzzurlに登録del.icio.usに登録

地獄谷

地獄谷

地獄谷

秋の北海道旅行:4日目その1)地獄谷

朝ご飯。
またバイキングです。

3泊4日の旅行で5回目のバイキング。
それ以外に昨日はジンギスカン食べ放題だし。

体重計が怖いです。


さらに朝のバイキングは大体どこも同じ。

ソーセージ、ベーコン、スクランブルエッグ。
和食は鮭とかおかゆとか。





はてなブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録Google Bookmarksに登録ライブドアクリップに登録buzzurlに登録del.icio.usに登録

第一滝本館

第一滝本館:バイキング

第一滝本館:バイキング

秋の北海道旅行:3日目その5)第一滝本館

夕食はバイキングです。
14時から100分間かけて、食べ放題で食べたジンギスカンがまだお腹にいます(笑)

でもここはバイキングはイマイチでした。

あまり美味しいものがないし、あってもすぐに無くなってもう出て来ません。
早めに行った人は全て食べられますが、遅い時間に夕食を開始した人は無くなっているものが沢山あります。


はてなブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録Google Bookmarksに登録ライブドアクリップに登録buzzurlに登録del.icio.usに登録

登別温泉

登別温泉:プールにある滑り台

登別温泉:プールにある滑り台

秋の北海道旅行:3日目その4)登別温泉

札幌から登別温泉へ。高速道路で移動時間は1時間40分位でした。
登別温泉についたのは17:30位

今夜の宿は第一滝本館です。

ここは20年くらい前に日帰りで来たところで、温泉好きの私には天国のような所でした。1500坪のスペースに、7種類の泉質の温泉が、35の浴槽で入れるのです。
そして、男女共同エリアにはプールやジャグジーもあります。


20年前に一度来た時は、非常に時間が無く、30分程度で大急ぎで入ったので「今度ゆっくり入りたい。出来れば泊まってみたい。」とずっと思っていたところです。





株式会社アクセント
代表取締役 阿川道仁の
社長ブログです。

株式会社アクセント
Webサイト制作の会社です。
詳しくはこちらから。

カレンダー

2020年10月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のコメント

ブログ内検索

このブログを携帯で見る